瑞浪 クライミング

山行日:2017.2.25


メンバー:YAMA(記)・体験Hさん


コース:

展望台の無名スラブ、あ~らよ!の隣の無名スラブ、あ~らよ!、ダーリンスラブ、独りぼっち
(
​9:30~15:30)



復帰戦で体験さんと瑞浪へ行ってきました。登攀力がかなり落ちていましたが、だんだん調子が上がってきました。昨年肩を痛めた時はもうクライミングはダメかなと思っていましたが復活できました。
ただクラックは苦手で芋虫になりました。

20170225瑞浪01
 ↑ あ~らよ! (芋虫になった私)

20170225瑞浪02
 ↑ フリー・アルパインの経験豊富なHさん

Hさんまたお願いいたします。



御在所内沢

山行日:2017.2.12


メンバー:なお・YAMA(記)


コース:

鳥居道駐車場​​(8:25)
​裏道登山口(8:55 9:04)~内小屋(9:38 10:01)~内壁出合(10:28)
~第三ルンゼ(12:25)~裏道9合目・公園(12:45 13:09)~​国見峠(13:34)~内小屋(14:30)
裏道登山口(15:09)~鳥居駐車場(15:38)




鈴鹿スカイラインのゲート前に向かうも、道路が凍結。慎重に進むも既に駐車が多く前に進めず。凍結した道をバックで戻る。

鳥居道駐車場を利用しました。​​

裏道登山口までは道路上の雪道。ところどころ凍結もあ

​り。


裏道登山口から先は全ルート雪が多いがトレースがあり歩きやすい内小屋でハーネス・アイゼン着用。

内壁出合から先も明瞭なトレースがあり登りやすい、ピッケルもここから出したが雪がふわふわであまり役にたたない。
内滝上部のトラバースはロープ出しました。​
20170212藤内沢2

20170212藤内沢3




第三ルンゼも雪が多く、氷の上を歩くことはなく残念。ただ樹氷は綺麗だった。

山上公園に到着すると大勢の観光客がおり、拍子抜けする。

山上公園から裏道の下山口は雪が多くどこかわからずコースを外れ、裏道と合流。
​​

裏道は樹木が多く、雪で背が高いためなんどか枝にぶつかった。

今回の内沢は雪が多くサラサラで、アイゼン・ピッケルを利かせながら登るところはあまりなかった。


阿弥陀
岳南稜

山行日:2017.1.28

メンバー:コンドル(CL)・Mさん(会員外)・YAMA(記)

コース:
舟山十字路(5:35)~南稜広河原取付(6:02)~立場岳(8:12)~青ナギ(8:33)~無名峰(9:39)~
阿弥陀岳(12:27~12:54)~御小屋尾根~御小屋山(15:08)~舟山十字路(16:15)


早朝2時に集合し5時ごろ舟山十字路駐車スペースに到着。5~6台駐車があるが、スペースは広いので問題なし。ただし路面凍結あり、緩い上り坂だが途中で止まるとスタックする。(スタックしたのでチェーン装着しました)

スタートはヘッデン使用で林道歩き、トレースは明瞭でよく歩かれているコースと分かる。
広河原橋を過ぎた辺りを右に入って渡渉。尾根を登る、この登りが今回一番辛く疲れてしまった。
徐々に明るくなり天気がいいことが分かる。尾根まで登るとなだらかな道で樹林帯は風もなく温かい、と言うか汗を大量にかいてしまう。

P1280186


無名峰手前でハーネス・ギア・アイゼン着用。
P1は左から巻く。P2から岩稜歩きあるが特に問題なし

P1280193


P3へのガリーへのトラバーズは草付きでピッケルを差込み進む。
P3ガリーはアイス、Wアックスで確保されながら登攀。50mロープでは支点まで届かず、Wアックスで支点構築していただいた。2ピッチ目は木を支点。3ピッチ目は草付きが多い。
P4のバンド歩きは狭く荷物を引っ掛けないように注意。

P1280213


下山は御小屋尾根、森林限界より上は雪とアイスで歩きやすいが、樹林帯は雪が深くバランスをとるのに難儀した。

↑このページのトップヘ