山行日:2018.1.14
山域:御在所
メンバー:たま子、Y(記)
コース:
鈴鹿スカイライン冬季ゲート6:50~裏道登山口7:15~山上公園10:00~3ルンゼ(10:30~13:40)~藤内沢~裏道~鈴鹿スカイライン冬季ゲート16:00

20180114三ルンゼ05
第3ルンゼ

御在所 3ルンゼでアイス、年末は藤内沢から登ろうとしたが雪が多く敗退、今回はそのリベンジ。
リベンジと言っても裏道からのルートで計画した。
藤内小屋で小休止し藤内沢出合いを超えると、トレースが一人分のみとなる。さらに進むと先行者に追いついた。そこから先はノートレースとなりマイウェイが出来る。

ラッセルもつかれるので先頭を後退してもらい、ペースを落す。

20180114三ルンゼ03
凍てつく前壁

山上公園からは藤内沢を下る、中道の看板すぐに柵があり、その横から通り下降する。

3ルンゼに到着、初めはやさしいスラブを登り、その後トップロープで登攀。
スクリューも打つ練習もするもなかなか難しく、リードでやるのはまだまだ先だと思った。

下山は藤内沢を下降。下降もなかなか面白いし、いいトレーニングとなる。

20180114三ルンゼ06
藤内沢

長野県山岳総合センター主催の「雪山のリスクとその回避」に参加して来ました。内容は主に、
  • 入山準備(装備と天候確認)
  • 雪山でのナビゲーション
  • 雪崩リスクの評価
  • 雪崩遭難者の捜索と救助
  • 半雪洞とビバーク体験
最近のビーコンは非常に使い易く、緊迫した状況でも捜索は迷わないと思いました。
一方捜索よりも遥かに難しいのが救助。スコップを使った遭難者の掘り出しには
経験、つまり訓練が必要と感じました。こればかりは一度経験してみないとダメだし、
異なる状況で何度も経験してみないと実践できない気がしました。
半雪洞でのビバークは冷気に晒されるより遥かに快適だとは思うけど、
零下を下回る山中で絶対ビバークはしたくないと言うのが実感でした。

因みにこれがマイ・ホーム。
IMG_5479
冷気で寝袋マットが壊れ、アイゼンが割れました。痛い出費です…。

IMG_5483
日暮れ前の訓練用ビバーク・ポイント。

IMG_5484
翌朝日の出前のビバーク・ポイント。

2018・1.14(日)

メンバー:コンドル・ドラゴン・フィマン

寒くて寒くて・・・でも温もりを感じました!

DSC_0134

↑このページのトップヘ