山岳同人グリズリー

愛知の山岳同人「グリズリー」の山行記録

山岳同人グリズリーのホームページはこちら:https://mc-grizzly.wixsite.com/clubhome

グリズリー企画 比良の名渓 白滝谷に沢登りに行ってきました。

9月27日(日) 8:30~16:40
メンバー:ウルフ、やまさん、やす、新人、ハヤブサ(記)
コース:367号沿い駐車場~牛コバ~白滝~夫婦滝~白滝山~三の滝~367号沿い駐車場

天気予報は曇りのち晴れ、徐々に天気は回復し晴れる予報ではあったが、時おり雨がぱらつく微妙な天気。沢遊びするには、少し肌寒いコンディションでした。しかし、沢に入れば、肌寒いことを忘れ、今シーズン最後の水遊びを堪能することができました。
白滝谷は平行して登山道もあり、何かあればエスケープすることもできたが、計画通り夫婦滝まで遡行することができました。沢のグレードは1級程度、難しいところは容易にパスすることもできるし、敢えて難しいところをチャレンジして進むこともできる。
IDFBE0757

そうこうしていると、ウルフの目が輝きだし、先頭を歩き隊を引っ張っていく。
GTZWE8497

ウルフ隊長のスパルタ沢教室が始まった。ウルフは、グリズリー最強クライマーといっても過言ではないだろう。沢登りも華麗に岩をかけ登っていく。そこは巻いてもいいのではないかというところも突っ込んでいく。ウルフには登れても、僕には登れない。ウルフにシュリングで上から引っ張ってもらい、下からプッシュしてもらい、なんとかよじ登った。
PACKE2320

日差しがあれば、もう少し雰囲気の良い感じになる渓相ではあったが、太陽は長く顔をだしてはくれなかった。それでも、今シーズン最後の水遊びを楽しむ。

PREBE3170


IMG_1257

昼を過ぎ、そろそろ遡行終了ポイントとなる夫婦滝が近づいてきた。

IMG_1256
これが夫婦滝かと思ったが、この少し先に立派な夫婦滝がありました。

夫婦滝から一般登山道にあがり、白滝山を目指します。
XQPI4932
その途中、秋の味覚を発見。
IMG_1254
素晴らしいナメコに出会うことができました。

行動時間8時間しっかりと山を歩き、比良の名渓を楽しんだ1日でした。
参加された皆様、お疲れ様でした。



メンバー けい、なおすけ、つっちー(記)

時間により火打山のみ。
20200905_181439


11028

山行日:2020.08.30
山域:鈴鹿
形態:沢登り 
メンバー:ハヤブサ・ツッチー・ドラゴン・Y(記)
コース:7:35神崎橋~神崎川~10:50下谷尻谷~北谷尻谷~14:50銚子ヶ口~神崎橋16:20

久しぶりの沢登りです。

神崎川行くので、モンベルのフロートベストを購入し泳ぎ沢へ備えた。

神崎橋からゲートを越え発電所の取水口までは舗装道の林道歩き。しかし朝も早いが、日差しが強く汗だくとなり、単調な道路を歩くのは気持ち的にも疲れる。

取入口で沢装備を整え遡行開始。泳ぎの箇所はフロートベストのおかげで楽に泳げた。S字ゴルジュは水流で押し戻されるがなんとか泳ぎ?突破。

20200831沢2

20200831沢3


下谷尻谷への入り口は、ゴルジュとなっており薄暗く、見た感じも不気味だ。ゴルジュへ進むと10mほどの滝が現れる。水流が激しく、岩側から登る。仲間を踏み台にし助け合って登り越えるのは、沢登りらしい突破だった。
その後も小滝軍が現れ岩が多い沢だ。
そんな沢に一つだけ静かなところが突如現れる。コリカキ場だ。

コリカキ場からは北谷尻谷を遡行し、時間が迫って来るのでルートを変更し銚子ヶ口へ行く谷を登りつめた。

東峰へ登り、銚子ヶ口山頂へ行くも眺望がないのですぐさま下山。

久しぶりのロングコースだった。

↑このページのトップヘ