山岳同人グリズリー

愛知の山岳同人「グリズリー」の山行記録

山岳同人グリズリーのホームページはこちら:https://mc-grizzly.wixsite.com/clubhome

前日の夜半過ぎから吹き始めた風は、朝になっても止まなかった。
強風の中荷物をまとめ、前日同様ピッケルとアイゼンで歩き出す。

GH010140
スゴ乗越から間山へ

それにしても風が強い。ザックの板が船のマストみたいに風を受け
油断すると体ごと持っていかれそうだ。
ピッケルを抜いた瞬間や、アイゼンを蹴り込む前が特に緊張する。
そしてこの緊張は長く続く。

間山で休憩し、これから登り始める薬師を前にシェルを着込んだ。
まずは一番手前のピークを目指して黙々と歩く。
ピークを越えると更に先に次のピークが現れる。
そのピークにたどり着いても、更に先に更に高いピークが現れる。
そして次のピークに取り付くために、いつも少し下る。
薬師はこの繰り返し。
強風に叩かれながら、消えては現れる次の急登を黙々と処理する。

GH010142
間山から北薬師岳を望む

北薬師岳と幾つかの小ピークを越え、ようやく木の祠が現れた。
今度こそ最後のピーク、薬師岳の山頂だ。
それまでリードしてきたグリズリーが急に立ち止まって前を指す。
ピークはお前が先に踏め、という意味だろう。
祠の前に出ると長く続いた緊張と疲労がようやく解けた気がした。
目頭が熱くなった。

GH010150
薬師岳最後の登り

GH010152
山頂の薬師様

で、早速下る。斜面はガリガリに凍っているが、板を履いた。
ある程度滑ると雪はザラメに変わり、滑りやすくなる。
広い尾根へ自由にシュプールを刻む。御山谷以来の滑降であり
長い緊張から解放された直後なので、余計に気持ち良く感じた。

GH010157
薬師岳南尾根

薬師峠から再びシールを付けて太郎平へ。
太郎平小屋は今回のルート上唯一営業している山小屋だ。
テントを張って早速ビールで一息ついた。幸せな晩だった。


コースタイム
 0640:スゴ乗越
 0800:間山
 1100:北薬師岳
 1240:薬師岳
 1400:薬師峠
 1500:太郎平

メンバー
 グリズリー、ブナ(記) 
 

朝早いと雪は凍りついて歩いても沈み込む事はない。
逆にシール登高だとエッジが効かない箇所もあるかも知れない。
そう思って、ザラ峠をピッケルとアイゼンで出発した。

GH010094
ザラ峠から五色ヶ原へ

五色ヶ原に出ると、なだらかな雪の丘がうねるように広がる。
手近な高みまで歩いてから、五色ヶ原山荘まで緩斜面を滑る。
そこから鳶山、越中沢岳へとシールで黙々と登高する。

GH010098
五色ヶ原

GH010100
鳶山山頂

GH010102
越中沢岳山頂

恐れていた越中沢岳南尾根には雪がなく、乾いた夏道を歩く。
それでも斜度が急でザックの板が岩に当たって歩きづらい。

GH010104
越中沢岳南尾根

この日は当初の計画通り、スゴ乗越小屋で終了。テントを張る。
シールで登高しても夏道を歩いて下りてきたので、滑った感のない
縦走的な一日でした。

G0020137
スゴ乗越の夜景


コースタイム
 0630:ザラ峠
 0740:五色ヶ原山荘
 0830:鳶山
 1110:越中沢岳
 1540:スゴ乗越小屋

メンバー
 グリズリー、ブナ(記)  

4月28日土曜日、立山駅前の駐車場。日が昇って目が覚めた。
始発の混雑をやり過ごし、おもむろに出発の準備を始める。
気がつくと前日までの不安は不思議なくらい落ち着いていた。
ザックを背負い山へ持っていかない荷物を車に残して鍵をかう。
次このドアを開けるのはオートルートを完走して下山した後。
その時自分はどんな思いでこの荷物を手にするんだろうか?

立山駅は案の定、多くの人と荷物でごった返していた。
登山客4割、観光客6割でスキーヤーもちらほら見受けられる。
因みに、板をケースに入れて乗車することを求められる。
僕らは言われるままに指定されたビニール袋を購入したが、
ハード・シェル等で板のトップとテールのエッジを保護して
乗車している人もいた。多分このやり方が一番賢い。

ケーブルカーとバスを乗り継いで室堂の駅から外へ出ると、
白い世界と強い日差しが待っていた。さて、いよいよだ。
まずは室堂から一ノ越までシール登高。
トラバースからの緩やかな登り。目的地も遠くから見え
全くもって問題なし。

GH010068
室堂から一ノ越を目指す

一ノ越からは広い御山谷を滑り降りる。気持ちがいい。
楽しみにしていた谷だ。登り返す人も皆んな笑顔。
あまり下りすぎないよう注意しながら龍王岳と鬼岳を巻く。
この時の標高は2,300mを少し下回った程度。

GH010072
一ノ越から御山谷へ

で、難関の獅子岳だ。東斜面の二つの尾根線のうち
最初の尾根は難なくクリア。二つ目の尾根の先が見えない。
尾根まで行って、その先を見てみようか?
強い風が尾根を叩いて雪面がクラストしていたら厄介だ。
引き返すことがリスクになりかねない。
結局敢えて二つ目の尾根には近寄らず、獅子岳東斜面の
二つの尾根の間の斜面をシールで登高することにした。

GH010080
獅子岳東斜面

この手の急登は恐ろしい。
ターンに失敗してバランスを崩せば、まず滑落する。
締まった雪の上で、化学繊維は面白いほどよく滑る。
滑落したら止められない。下を見下ろしたところで
途中から急激に落ち込んだ斜面の先の谷底は見えず、
滑落したら何が起こるか想像もつかない。
また上を見上げても、標高差400mの雪の壁は
登っても登ってもただ黙って目の前に聳えるだけ。
失敗の許されない緊張が永遠に続くように感じられる。
気温も上がり雪が腐って登行中のターンが厳しさを増し
途中からピッケルとアイゼンに切り替えて登高を続ける。
そして何とか、二つ目の尾根の傾斜が緩む場所を見つけ
南東の斜面へと乗り越した。

GH010084
獅子岳南東斜面

南東斜面は引き続きピッケルとアイゼンでトラバース。
で、ザラ峠へと落ち込む獅子岳の南斜面へ出た。
良い知らせは、獅子岳南斜面からの眺望は効くので
滑落したら何が起きるか分からない、という事はない。
悪い知らせは、獅子岳南斜面直下に岩場が見えるので、
滑落したらどこかの岩に激突する事は容易に想像つく。
おまけに傾斜は登ってきた東斜面より更に厳しい。
従って無理はせず、ピッケルとアイゼンで下降する。
また緊張の連続だ。

GH010087
獅子岳南斜面

結局この日は獅子岳の急登に時間を要し
ザラ峠にテントを張った。

GOPR0090
ザラ峠からの夕日


コースタイム
 0810:出発(アルペン・ルート立山駅)
 1000:入山(室堂)
 1100:一ノ越
 1200:獅子岳東斜面標高2,300m地点
 1800:ザラ峠

メンバー
 グリズリー、ブナ(記) 

↑このページのトップヘ