楽しみにしていた10月の三連休。もう1日付けて四連休にして
雲ノ平を歩いてみようと企んでいたが、まず仕事で四連休は無理。
三連休の初日も仕事で飛んだ。おまけに風邪ひいちゃったし。。
でも諦められない。せっかく晴れる二日目と三日目だ。
頑張れば新穂高から三俣蓮華まで歩けるはずだ。まずは行って考える。。


 0700:出発
三連休初日の夜に出発して駐車場を探すも、新穂高は既に満杯。
鍋平まで車を回して車中泊。で、起きてみると寒気がひどい。
風邪、またぶり返したみたいだ。でもどうせ一人だし、いい天気だし
取り敢えず林道のドンツキまで歩いてみる。いつでも引き返せるんだから。

PA080582


0820:小池新道登山口
歩くと風邪でふわふわした感じ。でも引き返すにはまだ早いかな?
紅葉は今がピーク。せっかく晴れた週末だ。
小池新道を少しだけ進んでみることにした。

PA080587


1230:鏡平
小池新道は歩き易い。ゆっくり登るとどこまでも行ける気がした。
でも鏡平の500m手前で急に体が重くなり始める。特に右足が痛い。
鏡平まで来てみたが、逆に日暮れまでに車まで戻られる気がしない。
この調子だと三俣山荘は絶対無理。取り敢えず次のテン場のある
双六小屋まで歩くことにした。そこでぐっすり寝て明日帰ろう。

PA080614


1500:双六小屋
鏡平から先は長かった。道は歩き易いけど体が痛くて動かない。
地図のコース・タイムすら維持できない。でも景色が最高の薬となる。
西穂から槍まで、午後の日差しに照らされた稜線が綺麗に見えた。

PA080625

楽しいはずの稜線歩きは身体中が痛くてなかなか進まない。
どうにかこうにか着いた双六小屋。なんだかようやく安心できた。

PA080637

着いてすぐテントを張って、早速いつものモテナイ鍋で夕食にする。
が、今回の鍋はとにかくヒドイ。元気な時でも精神力が必要だが
体調が悪く疲れ果てた体にはかなり過酷。たちまち酷い吐き気が襲う。 
涙ながらになんとか全て食べきって、日が沈む前にそそくさと就寝。
持ってきた缶ビール すら空けられなく、お隣さんへプレゼント。。

暫く眠って目覚めると、日は完全に沈んだようだ。
気がつくと体がポカポカ発熱してる。寒い夜にはちょうど良い。
周りのテントからは満天の星空に歓声が上がる。
でもこの日の僕にはどうでもよかった。。

また暫く眠って目覚めると、周りの歓声も体の発熱も治まっている。 
あれ?と思って体を動かすと、酷い頭痛に気がついた。
でも大丈夫。バファリンは持っている。。

またまた眠って目覚めると、今度は何もかも静かになっていた。
熱も引いて頭痛もしない。治ったみたいだ。夜明けまで更に眠る。

で、夜明け前。頑張ってももう眠れそうにないから起き出してみる。
体調は回復したが、胃腸がくたばったままだ。モテナイ鍋は止めておこう。
熱いお茶と一緒に行動食用に買ったカレーパンを食べながら日の出を待つ。

PA090639

PA090643


0700:出発
太陽は西鎌尾根の向こうから登ってくるようで、
小屋の周りはいつまでたっても影の中だ。諦めて歩き出すことにする。

PA090647

PA090648


0730:小池新道分岐
体調は完全に復活。気持ちのいい朝だ。
このまま進んで、笠新道から下りることにしよう。 

PA090651
 
PA090652
 

0830:大ノマ岳
ヘリの爆音が聞こえてきた。周辺の山小屋の荷下げが始まったようだ。

PA090661

PA090672

PA090676


1030: 笠新道分岐
これ以上先に進むと新穂高温泉を通り過ぎてしまう。ここで下りる。
まずは腹ごしらえ。体調は戻ったものの、胃腸はクタクタのままだ。
朝のカレーパンもムフーって言う感じでなんとか食べた。
さっき稜線上で食べたのはチーズたっぷりのハムカツパン。
で、ザックから出てきた最後のパンはメンチカツパン。食傷気味。。

PA090685
 

1400:笠新道登山口
ようやく着いた。長かった。。登山口の水場でポリタンに水を詰める。
来週一週間、この水を家で飲む。。

PA090696



1530:鍋平登山者用駐車場
ちなみに、精神力の真価を問われるのが実は笠新道の登山口から。 
果てしなく続く林道を新穂高温泉まで歩いた後、鍋平までまた登る。
特に新穂高温泉から鍋平までの最後の30分は
残りわずかとなった体力と気力の全てを持って行かれる・・・。

メンバー:ブナ 

山行日:2017.10.7~9
山域:北穂高岳
メンバー:たま子、Y(2名)

コース:
10/7(土) 上高地8:35~涸沢テント場14:25
10/8(日) 涸沢テント場5:55~南稜~東稜分岐7:00-7:15~ゴジラの背8:30-9:00~
       ゴジラの背下降10:25~北穂山荘10:30-10:50~涸沢12:30-13:10~
       横尾テント場15:10
10/9(月) 横尾テント場7:05~上高地9:25


天候:10/7(土)雨 夜中は晴れ、10/8(日)晴天、10/9(月)晴れ


コース状況:
上高地から涸沢
よく整備されています。

涸沢から東稜
南稜標高2650m位見晴らしいいガレから東稜へトラバース。いくつかケルン・踏み跡もある。東稜への取付はガレ場で落石起こしやすい。
核心のゴジラの背までは稜線トップを誠実に進んだが、巻道もある。ゴジラの背はロープを出したが、ロープなしでも行ける。残置ハーケンあり。
下降地点も捨て縄あり、懸垂下降できました(50mロープ1本使用)

後は北穂山荘を目指し踏み跡を探しながら登る、ラストは大キレット登山道へ出て山荘へ。

南稜
鎖場あり。一般道、登山者も多くすれ違い多数あり。


【感想・内容】

行ってみたいと思ったのは去年の8月、ついに行くことができた北穂高岳東稜。

初日は午前まで雨予報でしたが、核心は2日目なので決行。

初日は涸沢までの登り、上高地から明神に着いた頃には一旦雨も止み青空も見える。
涸沢手前からガス、そして小雨も降り出す。テント設営完了後、雨が強く降り出す。
夜中は雨も止む。

2日目
4:00起床、天候は晴天。5:30出発予定だったが、トイレ渋滞で出発遅れる。
南稜から登り途中先行者が東稜へ移動した、偵察がてらその方の方へ移動すると東稜へのトラバースが良く見えた。

20171008北穂01
東稜をバックに

その先には2パーティー先行していた。
草付きを登り東稜トップを登攀。核心のゴジラの背を巻かない様、踏み跡の巻道は歩かないようにしたので少々時間がかかったかもしれない。

20171008北穂02


ゴジラの背は先行パーティーに追いつき30分ほど待つ、女性が手こずっていたのでこちらもビビリましたが、実際歩いてみるとロープなしでも行けたと思った。

20171008北穂03
ゴジラの背

懸垂下降後はルーファイしながら登りやすい場所をひたすら登る。山荘のテラスに着いた時は「お疲れ様でした」と声を掛けられ、その一言で達成感が一気に噴き出た。
山頂では以前所属していた山岳会メンバーと再会するサプライズもあった。

涸沢下山後、テント撤収し次のテント場の徳沢を目指す。
途中、右足首が痛くなり横尾山荘テント場で宿泊に変更、ただこちらのテント場も橋の下は草も若干あり広々していた。(山荘前は混みあっていて、奥のテント場は知られていないと思われる)

3日目
上高地へ帰る。


東稜までの道のりが長かったので、核心部は短い様に思えたが、お互い初めてのルートでしたのでルーファイしながら楽しめました。

日にち:9月30日
場所:谷川岳一ノ倉沢
メンバー:ハヤブサ ウルフ ドラゴン コンドル(記) 

4:30谷川岳ロープウェイ~5:30一ノ倉沢出合~8:00南稜取付
~10:00終了点~6ルンゼ下降 12:00南稜テラス~
14:10一ノ倉沢出合

定例会山行で谷川までプチ遠征してきました。
ルートでの渋滞を避けるため、4時半に谷川岳ロープウェイ駐車場を
出発する。
懸垂箇所のちょうど真下が、雪渓の切れ目でした。
いつ崩壊してもおかしくない状態なので、早くこの場を去りたいが
4人なのでそうもいかない。
スノーブリッジを潜ってテールリッジに乗り移る。

IMGP3934

 途中で我々と同じルートを登る先行パーティーが、先を譲って
くれたので一気に南稜テラスまで行く。

(コンドル・ウルフ) (ハヤブサ・ドラゴン)の組み合わせで
登攀を開始。
天気、ルートの状態良く快適順調に登る事ができる。
IMGP3940
  (最終ピッチをリードするドラゴン)

良い緊張感でまだ登り続けたかったが、あっと言う間に
草付帯の終了点に到着してしまった。
後続のドラゴンさんの写真を取って、6ルンゼ~南稜を懸垂下降4ピッチで
南稜テラスに到着する。


IMGP3945

IMGP3947
(中央稜)

翌日登る予定だった中央稜は、痛恨の寝坊のため来年まで
お預けになってしまいました。



↑このページのトップヘ