7月23日 沢渡(6:00)~上高地~岳沢(12:50)~コブ沢の偵察~岳沢(15:00)
7月24日 岳沢(3:20)~コブ沢雪渓取付~小ルンゼ取付~コブ尾根のコル~コブ(Ⅰ峰)の登攀~コブの頭(12:00)~天狗のコル~岳沢(15:40)~上高地(17:40)

メンバー:隊長夫婦、元グリズリーメンバー2名、ハヤブサ(記)

1日目、岳沢にテントを張り、コブ沢の偵察に行き、取付の確認をした。雪渓は例年の8月下旬の状態という話のとおり、雪渓は痩せていた。雪渓を登り取付の目の前まで行ってみると、パックリと取付まで約2mの落差があった。これは渡れない無理だと思ったが、隊長は行けると判断した。これをどうやって渡るのだろうか?不安と戸惑いの中、2日目に備えて、早々に就寝した。
FB_IMG_1469612062333

2日目、日の出前の暗い中、問題の取り付きに到着した。ピッケルを雪渓に差し込み、アイゼンの前爪を効かせて、取付へと次々へと渡るパーティのメンバーをハヤブサは、他のメンバーの立派な前爪を羨ましく見ながら、待機していた。ハヤブサは軽アイゼンであったが、なんとか、渡れた。脚が長くて、良かった~。
FB_IMG_1469611961866

取り付いたら、こっちのもの。天気が良いなか、気持のよい山歩きとなった。草付きを登り、花を眺め、眼前に広がる上高地や吊尾根の景色を堪能した。この場所からでないと見ることができない絶景の数々に息を飲んだ。
P7240777_xlarge
P7240763_xlarge

コブの頭に向けて、クライミングシューズに履き替え、登攀を開始した。青空に向かって、気持のよいクライミングだった。
P7240794_xlarge

そして、懸垂下降。
P7240813_xlarge

天狗のコルから岳沢へと戻りました。雷鳥やおこじょとの出会いもあり、楽しい山行でした。
今回のパーティの隊長夫婦の言葉が、とても印象的でした。

「人は、がんばり続けなければならない。」
「それでよしとする。」

山に向かい続ける隊長夫婦に出会い、山を楽しむ元グリズリーメンバと交流し、
今回もまた、いい刺激をいただきました。

山行に混ぜていただき、ありがとうございました。

春日井 定光寺の岩場

7月16日土曜日

メンバー:グリズリー コンドル

IMGP3722


ここの岩場は手足の限定が細かくあるようで、ルートを正確に登ったかどうかは
分かりませんが、以下の7種類のルートを登りました。

すみっこセブン/落ち葉ハング/マスター/セブンイレブン/アンダーゴー/
凹角/バッカス


巨大イワナがたくさんいるコンドルおすすめのイワナ沢に行ってきました。

メンバー:コンドル、グリズリー、ウルフ、ハヤブサ(記)

1日目 7:30~19:00
登山道~イワナ沢~幕営地~遭難騒ぎ~幕営地

ここのところ梅雨でぐつついた天気が続いていたが、イワナ沢初日は晴れました。
この日のために用意したルアー釣り具一式を手にハヤブサは静かに燃えていた。
昨年の釣果はたったの2匹。ぼうず上等の汚名返上に燃えていた。
「ルアーを投げれば釣れるって~」
コンドルの言葉にうきうきしながら、イワナ沢に第一投、リールを巻く。
1467616311042

リールにラインがガチガチにからみつく。バックラッシュだ。リールが動かない。
意気消沈するハヤブサ。ウルフは、からまったラインをささっとほどいてくれた。
ウルフにリールを直してもらった。
気を取り直して、第二投。今度は根がかりで、ルアーを失った。
意気消沈するハヤブサ。
ルアーをつけなおして、第三投。
あっ、なんか分かんないけど、釣れた。大きなイワナだった。
よし、どんどん釣るぞと思ったら、またしても、バックラッシュ。リールの奥深くまでラインが
からみつく。リールが動かない。リールを分解して修理を試みるも、敗退した。
イワナ沢での釣りもここまでかと意気消沈するハヤブサ。
コンドルとウルフの適切な処置により、リールが復活した。
ばんざーい!

一時、釣りは中断し、幕営地となる素敵な岩小屋へと向かう。
DSC_0370
幕営地に荷物を置き、釣り2回戦を開始した。
コンドルにイワナ釣りのコツを教えてもらった。
すると、イワナがヒットし始めた。
ルアーを追いかける魚影が現れ、イワナがルアーに近づきヒットした次の瞬間、
ピチピチと暴れだす。これがイワナ釣りかぁ~と釣りの楽しみにひたっていく。
コンドルは夕飯の準備のため、一足早く幕営地に帰ったが、ハヤブサは一人、釣りを続行
することとした。

4匹を釣りあげ、16時をまわったところ、幕営地への帰り道の途中、イワナがいそうなトロ場が
視界に入った。最後に、もう一勝負してみよう。これが悲劇の始まりだった。
登山道は水平に伸び、上下にザレ場がひろがっているところから、沢へ降りて行った。
イワナを追加1匹釣りあげ、帰って自慢しようとザレ場を登り返し、登山道に戻ろうとした。
が、その登山道がみつからない。
上部まで登りきるとクライミングができそうな岩場にたどりついた。
登山道をみつけようと、登ってきた道を降りていくものの、登山道がみつからない。

いったいどういうことだろうか?登山道が消えてなくなるわけがない。落ち着け、落ち着けと自分に
言いきかせながら、注意深く登山道をみつけようと登り降りを繰り返す。辺りが暗くなり始め、ひたひたと夜の気配が感じられるようになってきた。気持ちが焦り出す。待っている仲間に心配をかけてしまうと思うと、さらに焦りが増してきた。
最後の手段は、釣ったイワナと新規購入した竿を投げ捨てて、沢まで降りて沢沿いを下流へと下り、
幕営地を目指す。水に近づくのは危険だが、暗くなる前になんとかしなければいけない。
覚悟を決めて、沢に向かって降り出した。
ザレ場の登り降りを繰り返していたので、登山靴に小石が入りこみ、痛かった。だいぶ下部の方まで降りてきた。
登山靴の小石を取ろうと、岩に座り靴を脱ぎ、靴の中の小石を出していたら、目の前に登山道があるではないか!!
こんなに下の方に登山道があったのか!?
どうやら、上部から中部の辺りで登り降りを繰り返し、うろうろしていたのだった。登山道が上にあると思い込んでいたのが良くなかった。

ハヤブサは、登山道を走り幕営地に向かった。
グリズリーが幕営地近くから登山道を見上げて、大声で叫んでいた。
ハヤブサは、「すみません~」と近づき、状況を必死に説明した。
コンドルは、すでにハヤブサの捜索に出て行ったと、グリズリーから聞かされた。
グリズリーに幕営地で休んでなさいと促され、ハヤブサは幕営地へと向かった。
グリズリーはコンドルを探しに登山道へと消えていった。
ハヤブサが幕営地に着くと、ウルフが高い岩の上に立ち、登山道をじっと、見つめていた。
皆さんに心配をかけ、やらかしてしまったと意気消沈するハヤブサ。

どしゃ降りの雨が降りだしてきた。ほどなくして、コンドルとグリズリーが帰ってきた。
「日本海まで流されたんじゃないかと心配したぞ。いや~良かった!」
と、コンドル、グリズリーから声をかけられた。
めちゃくちゃ怒られるのではないかとびくびくしていたが、きつくとがめられることもなく、
先輩方の優しさに、ただただ感謝です。ありがとうございました。

そして、気をとりなおして、イワナ祭りが開幕するのであった。
DSC_0392
イワナ祭り フルコース
塩焼き、ムニエル、イワナ汁、素焼き

特に、素焼きが美味しかった。遠火でじっくりと丹念に焼き上げる。調味料は一切なし。
イワナの素材だけの味だ。素焼きは甘く、チーズのような淡いフレバーが口にひろがる。
実に美味しかった。ハヤブサ念願であった焚き火とイワナと酒と私が実現するにいたった。
楽しい仲間達と、やりたいことができるというのは幸せなことです。
ありがとうございます。
DSC_0387

2日目 7:00~9:40
幕営地~登山道~無事、下山

2日目は朝から、どしゃ降りだ。朝、釣りをする予定であったが、速効で帰ることにした。
グリズリーの歩きは速かった。どんどん差をつけられた。これから始まるカモシカ山行では、
ぶっちぎりの一等賞になることだろう。おそるべき、体力と脚力である。
どしゃ降りの雨の中、イワナ沢をみつめながら、登山道をひたすら歩いて行った。

今回の山行は、たくさん勉強になりました。ルアー釣り、魚のさばき方、焼き方などなど、
仲間に心配をかけさせないように山を楽しまないといけません。
先輩方には、ただただ感謝です。ありがとうございました。
お疲れ様でございました!!
また、よろしくお願いします!!


↑このページのトップヘ