三歩進んで二歩下がる。

20160524_205059


落ち葉ハングノーテン一撃からの
最後はA0で抜けるハヤブー。
お助けヌンチャクが。。。
1464101898517


20160524_215249


お一人様4本で終了。
お疲れ様でした。

グリズリーメンバー つっちー&けいの結婚おめでとう沢企画を行ってきました。
いつの間に、お二人そのような仲になっていたのか驚きではありましたが、
グリズリーメンバーからのささやかなお祝い企画です。

メンバー:つっちー&けい、コンドル、ぶな、ウルフ、やす、めぐさん、ハヤブサ(記)
5月14日(土) 7:00~13:00
前鬼林道~黒谷(下降)~孔雀又谷(遡行)~アメシ谷出合前で泊

天気が良く、明るい渓相の中、気持よく歩けました。が、岩が大きく、重いザックを
背負っての遡行は厳しいものがありました。
DSC_0336

本日の遡行はアメシ谷出合前までとし、よさそうな野営場を探し、本日のメインイベント
お祝い宴会へと移る。つっちー&けいに、グリズリーメンバーからささやかなプレゼント。
マムートTシャツを贈りました。星の輝く空の下、あたたかく穏やかに夜は更けていきました。
DSC_0340

5月15日(日)6:30~15:00
アメシ谷出合~孔雀岳(1779m)~釈迦ヶ岳(1799m)~大日岳~前鬼林道車止

本日の朝は、つっち&けいのケーキ入刀から始まった。
朝陽よりも、二人の笑顔の方がまぶしかった。
本日の行程は長かった。遡行し、つめ上げ、一般登山道を下山。体力勝負であった。
ハヤブサは、この二日間、準リーダーの役回りをさせていただいたが、たいした成果もあげられず
後続にまわってしまった。ロープを出すタイミングに、支点のセット、ルートの見極めから
メンバー状況の確認など、判断から実行までの時間を短縮することが課題となった。
いい勉強になりました。ありがとうございました。
つめあげていくと、苔むして松が生い茂る雰囲気のいいところに到着した。
DSC_0350

それから孔雀岳に登頂し、一般道をひたすら下山した。
やっとこさ、前鬼宿坊までたどりつき、寝っ転がるメンバーの皆さま、お疲れ様でございました。
DSC_0352

つっちー&けい いつまでもお幸せに。御結婚、おめでとうございます。
                                   グリズリーメンバー一同より

西穂高岳 独標
日にち:4月24日
メンバー:やす コンドル ASC2名

前夜、激しく飲み過ぎて西穂高岳途中の独標までも辿り着けず・・・。
恥ずかしいので、どこまで登ったかは伏せておきます。(@_@。

天気はまあまあだったので、ちょっともったいない気がしました。
今回の反省を生かして、次回はチャンスを物にします!

13087314_515032035336242_9025130417755496095_n

13043465_515032045336241_34829823448408297_n

13092104_515032058669573_2473024653381974610_n





↑このページのトップヘ