数年来の夢だった水平歩道にとうとう今年行けました。紅葉はベスト!黒部ダムから上は終わりかけで、欅平から下はまだちょっと青い感じでした。次の週末ももしかしたらまだ大丈夫かも。


でこのルート、長い。。長く楽しめるって意味では良いんですが、途中写真いっぱい撮ったりしてるとコース・タイム通りに進めないので注意が必要です。またこのルート、水平なところ以外はわりと急登。。崩落箇所を避けるルートはほぼ垂壁を上がってトラバースして、また垂壁を下りてくる感じ。結構応えました。なので思った以上に時間は稼げません。阿曽原温泉への到着時間はトロリーバスの始発の時間に依存してしまう点は致し方ないですが、日がとっぷり暮れてから到着するパーティーも結構いました。


あ、ちなみに阿曽原温泉のテン場は4時前で既にパンパンでした…。



10月22日08:00黒部ダム発

黒部ダムの脇を谷底へ向かって下りる。最初のうちは川に並走する気持ちの良い山道。両岸に屹立する絶壁に散らばる紅葉を楽しんで歩く。気がつくといつの間にか絶壁に引っかかる水平な小径を歩いていた。これが日電歩道か…。谷底を流れる川は絵に描いたような空色。その中を純朴なイワナが遊ぶ。途中仙人ダムを通った。小説「高熱隧道」に描かれた通りの熱気と硫黄臭を湛える隧道を抜けた。感無量。




10月22日15:45阿曽原温泉着

始発のトロリーバスで出たが、黒部ダムに到着してからダム周辺を散策したので先行パーティーはいるはずだ。途中何組も追い越したものの、それでも阿曽原のテン場には4時前でテントが溢れていた。お願いしてテントとテントの間に何とか隙間を作ってもらい、早速設営。で、温泉へ。温泉は偶数時が女性専用で奇数時が男性専用。8時以降は一つしかない小さな湯船が混浴になる。源泉は熱く、うすめて浸かる。湯加減は薄め加減。薄め加減は前の人次第。


10月23日07:00阿曽原温泉発

翌朝、切り立った山肌が朝靄にくすむ。バッタリ出会った前勤めていた会社の同僚達のパーティーと抜きつ抜かれつで先に進む。阿曽原から先、木々は黄色が基調となる。


10月23日11:30欅平

駅に着いたら朝靄が小雨に変わった。あとはトロッコ列車で宇奈月へ出て、JRで信濃大町まで戻る。かいた汗が体を冷やす。北陸には秋が来ていた。


波多野、長瀬、西田(記)

2016.10月9日から10日で白峰三山を縦走してきました。

10月9日、入山日の明け方は土砂降りの雨で、広河原で停滞することを決めバスに乗ったが、バスを降りると雨が上がり青空がのぞきはじめたので、準備を整え登山を開始する。

P1020960_R


コースタイムより1時間以上短縮して北岳山頂に到着。
P1020988_R
ずっと登りたいと話していた長瀬さん。念願の北岳山頂で。

北岳山荘 幕営場ではもちろん、たらふくお酒を飲みます
P1020990_R
長瀬さんのおつまみがおいしー。チーズフォンデュも楽しみました。



2日目、10月11日。4時30分暗い中ヘッドライトをつけ出発。

P1030011_R
間ノ岳についたころ明るくなりはじめ、雲海が広がる絶景が目の前に。

P1030040_R
下降地点にあった鐘


P1030043_R
スイッチオンの波多野さん。

大門沢小屋から、波多野、西田が下山ランニング。
やっぱり登山の締めは、いつも、トレランとなり競争するように下山で、気持ちいい。

1時間ちょうどで登山道入口まで下山しました。
 





メンバー: コンドル グリズリー ブナ
つっちー ウルフ なお やす(記) 他1名

6:45 菅ノ台バスセンター
7:20 しらび平駅
7:30 身支度
7:40 入渓
8:00 東横川との二俣
9:30 30m大滝
10:30 二俣
11:00 奥の二俣
12:00 沢終了 2200m地点
13:00 長谷部新道
14:00 千畳敷
14:39 ロープウェイ
14:50 しらび平駅
15:20 菅ノ台バスセンター

2016年度会山行第2弾、春の食楽企画に続く「夏の沢登り」である。

先ずは前泊宴会から始まる。翌日を思い若干アルコールを控えつつも、普段なかなか一緒に山行出来ないメンバーとも会話が弾み楽しい一時を過ごした。

9月4日当日

IMG_1226


九州地方へ台風が上陸し、天気を心配していたが目覚めてみると雲は多いものの青空が見えていた。
当日合流組2名と共にバス乗車。
混雑はなく気持ちよくバスに揺られ、しらび平へ。

準備を済ませ5分も歩くと入渓地点となる。
2つある堰堤を左から越えるが、早くもお助け紐が…。
毎回毎回足を引っ張っているので意地を張らずに感謝しながらありがたく使わせてもらう。
30分も進むと東横川との分岐があり左へ進む。
花崗岩のナメ滝が幾つも続き明るく開放的で本当に気持ちが良い。
水も全く冷たくなく深い所も無いのでせいぜい足首までしか濡れず。
人気の沢と言うのも頷けた。

30mの大滝に着く。
先行2人組がロープを出して取り付いていた。
我々は左側から巻く。
高度感はあるがホールドは豊富なので落石に注意しながら慎重にクリアー。
大滝の上は更に連瀑帯。
殆どが直登出来、ホールド・スタンス共にたくさんあるが、岩のヌメリも強くなり浮き石も多い為慎重に慎重に足を進めた。

IMG_1287



何度か休憩を入れ景色も楽しみながらぐんぐん高度を上げていく。

IMG_1291


奥の二俣を過ぎると次第に水が涸れ苦手な藪漕ぎに。
皆はスイスイ登って行くが私だけが1人ツルツルツルツル滑りまくり全然進まず。
垂直な壁を匍匐前進しているかのように腕の力だけで頑張ったが、またもお助けロープの力を借りてしまった。

長谷部新道に合流してからは踏み跡はしっかりしており大きく成長したハイマツをかき分けながら千畳敷まで一時間程歩く。
帰りも混雑はなくロープウェイとバスに揺られ皆無事に下山。

素晴らしい景色の中を皆さんと沢登りが出来楽しい一日でした。
素敵な沢を提案されたブナさんはじめ皆さんに手助けしてもらわなければとても登りきれませんでした。
ありがとうございました。

次回の秋の会山行は11月。楽しみにしています。

↑このページのトップヘ