2017.2月4、5日に尾白川下流域、刃渡り沢、岩間ルンゼにアイスクライミングに行ってきました。

メンバー:波多野、西田(記録)

山行日の週は名古屋で20度を記録する暖かい日があり、氷結状態が悪いのではないかと心配しながらも出発。
ガンガノ沢の錦滝は、氷結がいまいちで登ることはできませんでしたが、刃渡り沢はよく凍って上部は硬く、楽しんできました。 

4日、土曜日
波多野、西田ともに遅くまで仕事で名古屋から不眠で早朝に林道終点に到着するが、早々に準備して歩き始める。ガンガノ沢出合左岸の東屋前に幕営し、荷物をデポして登攀準備をして出発。
林道終点から、刃渡り沢がよく見渡せ、よく凍った沢を見て気持ちが高まる。登攀は20メートル滝、50メートル滝ともに垂直部分が長いルートどりで、良い練習になりました。


私はお腹いっぱい十分でしたが、波多野さんは練習をしたいと50メートル滝にトップロープをセットして飽きるまで登り、テントからのアプローチが短いので4時頃に帰り着き、着くとすぐに宴会を開始する。
DSC01240_R
錦滝氷結状態は悪く、中は水が流れる

DSC01253_R
刃渡り沢、20m滝

5日、日曜日
朝、8時にテントを出発し、岩間ルンゼの最初の20メートルの滝を越えるとその先見えるところは氷が細く、ミックスの登攀になりそうで、食欲が減退。
DSC01261_R
岩間ルンゼ 出合の20メートル滝



波多野さんと話し合い、お互いの意見が一致、またの機会にしようと下山。名古屋には3時半ごろ帰宅しました。


野伏ヶ岳で山スキーをしてきました。

2017年2月4日 9:00~15:30
白山中居神社~4hr~野伏ヶ岳~2hr30min~白山中居神社
メンバー:ブナ、ハヤブサ(記)

白山中居神社から長い林道が続くが、標高1100mまで上がると
眺望がひらけてきて、気持ちの良い登高となった。
快晴であり、雄大な山々を見ながら、登ることができた。
nobuse1
標高1200m付近で小休止

野伏ヶ岳に登頂すると360°の大パノラマが広がった。
nobuse2

きれいな山並みに目を奪われ、ここまで来て良かったと感激した。

そして、ドロップイン。スキー板にまとわりつくやっかいな雪でスキーが
操縦不能、曲がることに悪戦苦闘の大モナカ祭りを開催。

nobuse3
あちこち雪面に体をたたきつけ、ボロボロとなり、野伏ヶ岳をあとにした。

メンバー : けい(記)、つっちー

日程:
12/30 駐車場(0820)夜叉神峠(0910)
   南御室小屋(1250)
12/31 幕営地(0640)観音岳(0820)地蔵岳(0920)
   幕営地(1230)駐車場(1545)
20161231_105437

20161231_093714

20161231_105138

↑このページのトップヘ