山行日:2017.7.30
山域:白滝谷(鈴鹿)
メンバー:なお、Y(記)
コース:朝明渓谷(8:35)~ハト峰(9:25)~白滝谷下降(11:00)~15m滝(13:15)~白滝谷分岐(15:15)~ハト峰(15:30)~朝明渓谷(16:30)

20170730白滝谷01
15m滝を下降


20170730白滝谷02
下降したところを登る


20170730白滝谷03
チョックストーン滝

当初はツメカリ谷周回コースでしたが、雨でモチベーションが下がり白滝谷を下降・遡上にしました。
行きの車中、鈴鹿方面は雲で山は見えず雨が降り出す。山はガスガスで先が見えず、ルーファイで大幅なタイムロスとなり完全にツメカリは諦めました。白滝谷を下降するにつれガスはなくなり、ナメ・溝状などオブジェのような岩が次々現れ楽しめる。同じところをまた登も飽きないのが沢の魅力だと思った。




山行日:2017.7.22
山域:三ノ沢岳・宝剣岳(中央アルプス)
メンバー:なお、Y(記)
コース:千畳敷(9:20)~極楽平(9:50)~三ノ沢岳(11:50)~宝剣岳(14:15)~宝剣山荘(14:30)~千畳敷(15:15)

久しぶりのハイキング、チングルマ・シナノキンバイなど咲き乱れる中を歩いてきました。
谷の風が花の香を届けてくれました。


20170722三ノ沢01

20170722三ノ沢02

花を見ながら歩くのもいいものです。

山行日:2017.7.16
山域:八池谷 比良
コース:ガリバー村(9:25)~空戸ノ滝のゴルジュ帯~大摺鉢(10:55)~貴船の滝(11:30)~広谷(14:25)~ガリバー村(15:45)
メンバー:たま子、H、Y

今回の沢は比良の八池谷、武奈ヶ岳の中腹にある沢です。昭文社の地図には日本の滝100選と記されていて、いかにも迫力ある滝がありそうなところだ。(実際にすごいです)

沢の本では1級とあるが、それは並行に登山道があり容易に滝を巻ける、遡行終了後も容易に登山道へ行けるからで、難しい滝がいくつもある。

一番の見所は「空戸ノ滝のゴルジュ帯」でした。

ほかにも美味しいところはたくさんある、水量がすくなくなっても次々滝は出てくる、さすが滝100選と納得される。

P7160565_320

滝つぼに突きささる倒木

P7160572_320

日本庭園の様な平流

↑このページのトップヘ