桜前線とともに、山スキーの活動範囲も北上する。4月になると笹倉温泉辺りが満開を迎えるようだが、今年はネットで調べても直近のこのエリアでの記録が出てこない。だからって諦めるのは気が進まないので、まずは行ってみた。。が、今日の天候はあいにく不安定。歩き始めて数時間で雷がなり始めたので、今日はここまで。因みに、入山は熊撃ちの猟師達と一緒でした。もうそんな季節なんですね。。

時折晴れる

今日の笹倉温泉

長者温泉ゆとり館(今日の温泉)

正月に「山スキー百山」を買った。呑みながら眺めるのが楽しい本だ。で、ここから選んだのが今回の神奈(かんな)山。取り付きからは気持ちの良い樹林帯。1,450mくらいから樹林帯を抜けるとグッと開けるが、この日は視界が悪く時折妙高の町が見え隠れするだけ。それでも更に登ってみたけど、1,600m付近でいよいよ何も見えなくなったのでこの日はここで打ち止め。視界は終始あまり効かなかったが、ツリー・ランは気持ち良かった。今度ピーカンに晴れた日に、ビール持って是非来たい。


1,500m付近、霧に包まれる前

メンバー:

ハヤブサ、ブナ


コース・タイム:

0930:国民休暇村

1300:1,600m付近

1500:国民休暇村

もともとは飯綱山に登る計画でたどり着いた戸隠スキー場のゲレンデ・トップ。そこから飯綱山を仰いでも、・・・何故か全然ワクワクしない。植生は密だし雪は凍ってそうだし、それが尾根の向こうも同じ感じだろうし開けているとは思えないし。。ハヤブーの顔を顧みても、頭の上に大きな黄色いはてなマークがそよ風になびくのみ。止めよっか?うん、止めよう。と言うわけで、飯綱山は即決で敗退。代わりに瑪瑙(めのう)山の裏側から高デッキ山周辺を、地図見ながら散歩してみることにした。


で結果、結構良かったです。瑪瑙山の東斜面にはあまり人が入っていないようで、トレースがあまり無い。そこから高デッキ山までは緩斜面あり急登ありの短いコースで、初心者と来たら結構何でもできる教育的ルート。おまけに高デッキ山山頂からは西に戸隠山や高妻山、遠く北アルプスの八方尾根までの急峻な山々が、北には黒姫山や妙高、遠く焼山まで雪を頂く雄大な山々が一望できる。更に戸隠スキー場はスキー大回転のメッカのようで、ウェット・スーツみたいな服を着たスピード狂がビュンビュン滑る見ていて楽しいスキー場でした。。




メンバー:

ハヤブサ、ブナ


コース・タイム:

1130:瑪瑙山山頂

1330:高デッキ山

1345:ゲレンデ復帰

1415:下山

↑このページのトップヘ