山行日:2017.4.29-30

メンバー:YAMA(記)、他3名(他山の会)

コース:4/29 上高地泊
    4/30 小梨平(5:17)-岳沢登山口(5:44)-7番標識(6:15-6:32)-南西尾根-5峰台地-
        明神岳5峰(11:03-11:50)-5峰台地-前明神沢-7番標識(14:47-15:00)-
        岳沢登山口(15:20)-小梨平(15:45)

 当初は奥明神沢(残雪期限定バリエーション)から前穂の予定だったが、数日前の降雪と4/29の荒れ予報で雪崩のリスクもあり計画を変更し南西尾根から明神岳5峰を目指す事になりました。

【アクセス】
沢渡駐車場利用(沢渡第二駐車場 普通車1泊¥1,200.-)
GW前半は駐車場ガラガラ
天気が悪い予報のおかげ?ですいていました。

沢渡→上高地(タクシー¥4,200.-)
(沢渡駐車場から乗ります、大きいテントザック4人分はトランクへ)

【コース・内容】
初日
上高地までの移動日、上高地に来るのは6年ぶりくらいです。
昼過ぎから雪・雨・ヒョウが降り出した。

20170429上高地



2日目
am4:00起床
5:20ごろテント場出発

岳沢登山口から7番標識までは一般ルート

※7番標識より南西尾根に入る
樹林帯の急登、テープあり踏跡あり。(急登の雪よりアイゼン装着)
前日に雪が降り、硬い残雪の上に新雪が乗り滑りやすい。

※トラロープ帯
痩せ尾根、フィックスロープあり。枝・岩のガバを利用すれば登りは大丈夫。
(下降はロープ出したい)
アイゼンを履いた岩は爪の引っ掛け注意。

※5峰台地
トラロープ帯から先は急登り、その後森林限界になり5峰台地まではハイマツ帯。
5峰台地は何カ所かテント張れる
(アイゼン外す)

※明神岳5峰
ガレ場、落石に注意。ルーファイが楽しいところです。

20170430明神岳
5峰から撮影

※前明神沢下降
下山は当初来た道(南西尾根)でしたが痩せた厳しい箇所があるので前明神沢から下降。
コンテで下山(2パーティーに分かれて)(Wロープ30m、立木を支点にして)
雪が腐って滑る、アイゼン団子できる。

下部は斜度がゆるくなりアイザイレン。
デブリ、落石あり。クレパスはあるがまだ問題ない。

2日目は天気もよくバリコースも楽しめましたが、カメラを忘れてしまい残念です。
写真はスマホで撮りました。