独りでこっそり練習がてら行こうと企んでた乗鞍岳の山スキー。
が、水曜日の歓送会でついうっかり口を滑らせ計画を同僚にバラす。
で、食いついてきたのが若干一名。でも、酔いに任せた約束は厳禁。
適当にはぐらかしてその場を逃れ、即帰宅。危ない危ない。

が、金曜日!わざわざやってきて、翌日の土曜日伊吹山に登るという。
うわー、可哀想!先週伊吹山末見たよ?雪無いよ?悲惨だよ?
でもそんな想いををグッと堪え、何とは無しに訊いてみる。誰と行く?
僕と目を合わせずに、何も言わず人差し指を一本だけ立てて見せる。
マヂかー。。・・・分かった。一緒に行こうか。・・・乗鞍に。。

というわけで、今週末のスキーは無し。大人しく歩くことにした。。


0900 休暇村乗鞍高原
とりあえずドン突きまで車で粘る。除雪限界は国民休暇村。
車を停めて歩き出す。まだアイゼンは要らないっしょ!歩こうよ。
が、コブコブのモーグル・コースはカチンコチンのアイス・バーン。
30分も経たないうちにアイゼンを出す。。

1200 肩の小屋下の公衆便所
相方、強し。。緩斜面でも急斜面でも全くペースが変わらない。
止まると次動きたくなくなる、という理由で全然止まろうとしない。
計画書には遠慮がちに位ヶ原を目的地としたが、
こりゃ間違いなく剣ヶ峰まで何の問題もなくいけそうだ。
となれば、取り敢えず止まって何か食べなくちゃ。。
社内での立ち位置を悪用して相方を強引に止める。メシ、食うぞ!

1330 剣ヶ峰
肩の小屋から見上げたときにはスッポリ雲に覆われていた山頂も、
着いてみれば雲は風に飛ばされて抜群の眺望。でも長居せずすぐ帰る。
何故なら、目出し帽忘れて顔が痛いから。。

1415 肩の小屋下の公衆便所
再び強権を発動して小休止。ここまで下りると風も止み、暖かい。
ゲレンデから肩の小屋までは基本ザラメ。ところどころカチンコチン。
肩の小屋から上は硬めのモナカ。時々砂のような硬いパウダー。
あの広い斜面を滑って楽しむ週末も、まだまだアリだと思います。

1600 休暇村乗鞍高原
肩の小屋下の公衆便所時点での下山予想、相方は17時。僕は17時半。
しゃべりながら下っても予想を一時間上回った。
相方は平日2回は13キロを走り、週末は20キロ走るランナーです。
走るとどうも強くなるようです。。