4月28日土曜日、立山駅前の駐車場。日が昇って目が覚めた。
始発の混雑をやり過ごし、おもむろに出発の準備を始める。
気がつくと前日までの不安は不思議なくらい落ち着いていた。
ザックを背負い山へ持っていかない荷物を車に残して鍵をかう。
次このドアを開けるのはオートルートを完走して下山した後。
その時自分はどんな思いでこの荷物を手にするんだろうか?

立山駅は案の定、多くの人と荷物でごった返していた。
登山客4割、観光客6割でスキーヤーもちらほら見受けられる。
因みに、板をケースに入れて乗車することを求められる。
僕らは言われるままに指定されたビニール袋を購入したが、
ハード・シェル等で板のトップとテールのエッジを保護して
乗車している人もいた。多分このやり方が一番賢い。

ケーブルカーとバスを乗り継いで室堂の駅から外へ出ると、
白い世界と強い日差しが待っていた。さて、いよいよだ。
まずは室堂から一ノ越までシール登高。
トラバースからの緩やかな登り。目的地も遠くから見え
全くもって問題なし。

GH010068
室堂から一ノ越を目指す

一ノ越からは広い御山谷を滑り降りる。気持ちがいい。
楽しみにしていた谷だ。登り返す人も皆んな笑顔。
あまり下りすぎないよう注意しながら龍王岳と鬼岳を巻く。
この時の標高は2,300mを少し下回った程度。

GH010072
一ノ越から御山谷へ

で、難関の獅子岳だ。東斜面の二つの尾根線のうち
最初の尾根は難なくクリア。二つ目の尾根の先が見えない。
尾根まで行って、その先を見てみようか?
強い風が尾根を叩いて雪面がクラストしていたら厄介だ。
引き返すことがリスクになりかねない。
結局敢えて二つ目の尾根には近寄らず、獅子岳東斜面の
二つの尾根の間の斜面をシールで登高することにした。

GH010080
獅子岳東斜面

この手の急登は恐ろしい。
ターンに失敗してバランスを崩せば、まず滑落する。
締まった雪の上で、化学繊維は面白いほどよく滑る。
滑落したら止められない。下を見下ろしたところで
途中から急激に落ち込んだ斜面の先の谷底は見えず、
滑落したら何が起こるか想像もつかない。
また上を見上げても、標高差400mの雪の壁は
登っても登ってもただ黙って目の前に聳えるだけ。
失敗の許されない緊張が永遠に続くように感じられる。
気温も上がり雪が腐って登行中のターンが厳しさを増し
途中からピッケルとアイゼンに切り替えて登高を続ける。
そして何とか、二つ目の尾根の傾斜が緩む場所を見つけ
南東の斜面へと乗り越した。

GH010084
獅子岳南東斜面

南東斜面は引き続きピッケルとアイゼンでトラバース。
で、ザラ峠へと落ち込む獅子岳の南斜面へ出た。
良い知らせは、獅子岳南斜面からの眺望は効くので
滑落したら何が起きるか分からない、という事はない。
悪い知らせは、獅子岳南斜面直下に岩場が見えるので、
滑落したらどこかの岩に激突する事は容易に想像つく。
おまけに傾斜は登ってきた東斜面より更に厳しい。
従って無理はせず、ピッケルとアイゼンで下降する。
また緊張の連続だ。

GH010087
獅子岳南斜面

結局この日は獅子岳の急登に時間を要し
ザラ峠にテントを張った。

GOPR0090
ザラ峠からの夕日


コースタイム
 0810:出発(アルペン・ルート立山駅)
 1000:入山(室堂)
 1100:一ノ越
 1200:獅子岳東斜面標高2,300m地点
 1800:ザラ峠

メンバー
 グリズリー、ブナ(記)