5月22日(日)
会山行:ドウの天井(奥美濃)
メンバー:ブン、ウルフ、ツッチー&ケイ、ブナ(記)

今年度から会山行が新しくなった。。
メンバーをそれぞれの季節に振り分け、振り分けられたメンバーで
得意分野を生かしながらそれぞれの季節に一番の山行を提案する。
そんな一世を風靡した2016年度会山行の最初の企画は
我らがグリズリー狩猟班班長の食楽企画、「春の山菜天婦羅山行」だ。
果たして、飢えた野獣どもの運命や如何に?!


0830 出発!
集合は奥美濃の上大須ダム。そこから取り付きを探して少々徘徊。
朝の乾いた空気は日陰に入ると特に気持ち良い。

探し当てた取り付きからは舗装された林道で高度を上げる。
今回は珍しく舗装された林道が行程のほとんどを占め、
時折突入する藪がブンさん風味のスパイスを効かせる。
にしても舗装された道は照り返しがキツく、足にも応える。。

1230 川浦鞍部ダム
地図ではお隣同士の上大須ダムと川浦鞍部ダムの二つのダム湖。
上大須ダムは標高500m付近なのに対し、川浦ダムは約1,000m。
標高差500m。山の頂上付近でこれだけの水が貯まるとは何だか不思議。

なんてひとしきり湖面を眺めて涼んでから、さっそく料理開始。
あ、お目当の山菜狩りは省略しました。時間が押してたので。。
メニューは天ぷらに塩汁に、最後おじやに変身した白ご飯。
ビール持ってくれば良かった。。

1600 上大須ダム
食後、また来た道を帰る。舗装された車の通らない道を。


で、無事下山。舗装された道を歩くのは結構疲れた。

最後近所のうすずみ温泉で汗を流して帰宅。
ちょっと濃いめの良いお湯でした。。