メンバー: コンドル グリズリー ブナ
つっちー ウルフ なお やす(記) 他1名

6:45 菅ノ台バスセンター
7:20 しらび平駅
7:30 身支度
7:40 入渓
8:00 東横川との二俣
9:30 30m大滝
10:30 二俣
11:00 奥の二俣
12:00 沢終了 2200m地点
13:00 長谷部新道
14:00 千畳敷
14:39 ロープウェイ
14:50 しらび平駅
15:20 菅ノ台バスセンター

2016年度会山行第2弾、春の食楽企画に続く「夏の沢登り」である。

先ずは前泊宴会から始まる。翌日を思い若干アルコールを控えつつも、普段なかなか一緒に山行出来ないメンバーとも会話が弾み楽しい一時を過ごした。

9月4日当日

IMG_1226


九州地方へ台風が上陸し、天気を心配していたが目覚めてみると雲は多いものの青空が見えていた。
当日合流組2名と共にバス乗車。
混雑はなく気持ちよくバスに揺られ、しらび平へ。

準備を済ませ5分も歩くと入渓地点となる。
2つある堰堤を左から越えるが、早くもお助け紐が…。
毎回毎回足を引っ張っているので意地を張らずに感謝しながらありがたく使わせてもらう。
30分も進むと東横川との分岐があり左へ進む。
花崗岩のナメ滝が幾つも続き明るく開放的で本当に気持ちが良い。
水も全く冷たくなく深い所も無いのでせいぜい足首までしか濡れず。
人気の沢と言うのも頷けた。

30mの大滝に着く。
先行2人組がロープを出して取り付いていた。
我々は左側から巻く。
高度感はあるがホールドは豊富なので落石に注意しながら慎重にクリアー。
大滝の上は更に連瀑帯。
殆どが直登出来、ホールド・スタンス共にたくさんあるが、岩のヌメリも強くなり浮き石も多い為慎重に慎重に足を進めた。

IMG_1287



何度か休憩を入れ景色も楽しみながらぐんぐん高度を上げていく。

IMG_1291


奥の二俣を過ぎると次第に水が涸れ苦手な藪漕ぎに。
皆はスイスイ登って行くが私だけが1人ツルツルツルツル滑りまくり全然進まず。
垂直な壁を匍匐前進しているかのように腕の力だけで頑張ったが、またもお助けロープの力を借りてしまった。

長谷部新道に合流してからは踏み跡はしっかりしており大きく成長したハイマツをかき分けながら千畳敷まで一時間程歩く。
帰りも混雑はなくロープウェイとバスに揺られ皆無事に下山。

素晴らしい景色の中を皆さんと沢登りが出来楽しい一日でした。
素敵な沢を提案されたブナさんはじめ皆さんに手助けしてもらわなければとても登りきれませんでした。
ありがとうございました。

次回の秋の会山行は11月。楽しみにしています。