カテゴリ: ハイキング

丹沢ボッカ駅伝
日にち:6月5日(日)
チーム:山岳同人グリズリー 平成山岳会黒龍隊
メンバー:
山岳同人グリズリー(Tさん ハヤブサ 大虎 グリズリー)
平成山岳会黒龍隊(青梅のタイガー コンドル(記) ケロヨン)
サポート(ウルフ めぐさん やすさん)
 
総合チーム成績(118チームエントリー)
山岳同人グリズリー 51位
平成山岳会黒龍隊  61位
 
 
個人成績(118人エントリー)
山岳同人グリズリー
1区 Tさん     69位
2区 ハヤブサ  75位
3区 大虎     51位
4区 グリズリー  29位
 
平成山岳会黒龍隊
1区 タイガー 59位
2区 コンドル 13位
3区 コンドル 61位
4区 ケロヨン 89位
 
 
当初、純粋なグリズリーメンバーでのエントリーを予定していたが、大会前日の夜に同盟チームである平成山岳会のメンバーが1名参加出来ない連絡を受ける。
そのため急きょ、グリズリーと平成のコラボエントリーとなった。
 
グリズリーの1区は山岳会の先輩Tさんである。
平成のチームとして3区を予定していたが、コラボエントリーとなったため、急きょ我がチームの1区を担当してもらう事となり、代わりに僕が
平成の2区と3区を掛け持ちする事となった。


1465651425373

 
1区(アルパインクライマーTさん)
3週間前のトレーニングでは、以前の脚力は影を潜めた感じがしたため、順位的には90位前後(118チーム)で中継地点に入って来るだろうと予想していた。
しかし予想に反して半分くらいの順位で入って来た様である。
後で聞いたことだが、サポートのめぐさんが「相当ムチを入れた。」と言っていた。
それに応えるところが、「クライマー魂」ってところだろうか?!
 
2区(グリズリーのエース:ハヤブサ)
前回の大会で僕が担当した区間である。
その経験から、マラソンランナーやトレールランナーが多い異種格闘技戦の中で、山屋が優位になれる区間である。
その名の通り我らのハヤブサが、ゴボウ抜きにしてくれることを期待していた。
しかし、5人抜いて5人抜かれた(差し引きゼロ)との自己申告であった。
以外に平凡な結果で驚いたが、最近結婚することが決まり、「山はほどほどに・・・。」ってところだろうか!?
次回爆発することを願う。
 
3区(能力は未知数:グリズリーの大虎さん)
「ボッカ駅伝に集中する!」と言う事で、前日の小川谷廊下の沢登りをキャンセルしての参加である。
3区は高低差が少ないため、山屋絶対不利の区間である。
そんな条件の中、「5人位抜いた!」との自己申告がありました。
年齢的にも厳しい中、大健闘です。よく頑張ってくれました。
やはり、ここでもサポートの効果があったと思います。

4区(我らのグリズリー)
ここまで我がチームの順位がどれくらいなのか分からないが、平成山岳会より遅いことは間違いない。
僕は途中からグリズリーを応援する事とした。
中盤までは、「自分のペースを守って。一歩一歩ゆっくりでいいよ。」などと優しく声を掛けていた。
しかし、そんな甘い言葉が続かない事は、本人が一番良く知っていただろう。
途中から「そろそろ仕掛けようか!・ギアをトップに入れよう!・抜けるよ!行けー!」とムチを入れ続ける。
そして平成山岳会のケロヨンさんを抜いた。流石である!
 
サポート(ウルフ やすさん めぐさん)
サポートと聞くと単に声掛けだけのイメージがあるが、山岳コースであり駅伝であるため意外と大変であり重要な担当なのである。
選手の着替えや行動食をボッカした上で、声掛けは勿論であるが、前後をよく見て選手の誘導をしなければいけない。
サポートがあったお陰で、選手は100%の力を出し切れたのであろう。

***************************************** 
2区~3区 平成山岳会黒龍隊(グリズリーのコンドル)
セカンドギヤからサードギヤーへの切り替えが出来ませんでした。
失速墜落です。残念!
***************************************** 


1465651436218


 
総括
小雨が降る中でありましたが、競技会(駅伝)と言う普段あまり経験しない状況の中で、選手・サポートの方が一丸となり良いレースが出来ました。
皆が充実した一日になったと感じています。
 
今回は競技会であり人同士との戦いでしたが、次は山を舞台にして自然を相手に協力し、真剣に挑戦して見たいと考えています。

5月22日(日)
会山行:ドウの天井(奥美濃)
メンバー:ブン、ウルフ、ツッチー&ケイ、ブナ(記)

今年度から会山行が新しくなった。。
メンバーをそれぞれの季節に振り分け、振り分けられたメンバーで
得意分野を生かしながらそれぞれの季節に一番の山行を提案する。
そんな一世を風靡した2016年度会山行の最初の企画は
我らがグリズリー狩猟班班長の食楽企画、「春の山菜天婦羅山行」だ。
果たして、飢えた野獣どもの運命や如何に?!


0830 出発!
集合は奥美濃の上大須ダム。そこから取り付きを探して少々徘徊。
朝の乾いた空気は日陰に入ると特に気持ち良い。

探し当てた取り付きからは舗装された林道で高度を上げる。
今回は珍しく舗装された林道が行程のほとんどを占め、
時折突入する藪がブンさん風味のスパイスを効かせる。
にしても舗装された道は照り返しがキツく、足にも応える。。

1230 川浦鞍部ダム
地図ではお隣同士の上大須ダムと川浦鞍部ダムの二つのダム湖。
上大須ダムは標高500m付近なのに対し、川浦ダムは約1,000m。
標高差500m。山の頂上付近でこれだけの水が貯まるとは何だか不思議。

なんてひとしきり湖面を眺めて涼んでから、さっそく料理開始。
あ、お目当の山菜狩りは省略しました。時間が押してたので。。
メニューは天ぷらに塩汁に、最後おじやに変身した白ご飯。
ビール持ってくれば良かった。。

1600 上大須ダム
食後、また来た道を帰る。舗装された車の通らない道を。


で、無事下山。舗装された道を歩くのは結構疲れた。

最後近所のうすずみ温泉で汗を流して帰宅。
ちょっと濃いめの良いお湯でした。。

西穂高岳 独標
日にち:4月24日
メンバー:やす コンドル ASC2名

前夜、激しく飲み過ぎて西穂高岳途中の独標までも辿り着けず・・・。
恥ずかしいので、どこまで登ったかは伏せておきます。(@_@。

天気はまあまあだったので、ちょっともったいない気がしました。
今回の反省を生かして、次回はチャンスを物にします!

13087314_515032035336242_9025130417755496095_n

13043465_515032045336241_34829823448408297_n

13092104_515032058669573_2473024653381974610_n





能郷白山途中までの報告です。

(発)7:10林道ゲート~(着)8:10登山口~(着)10:30標高1200m地点
~下山開始~(着)12:00林道ゲート


現地に向かう途中から小雨が降りだす、リーダーから「どうしますか~?」と問われる事数回あり。
「その都度、現地まで向かいましょう!」と答え車を走らせる。

登山口の手前3キロ地点にゲートがあり、ここから歩き出す。今にも泣き出しそうな天気ながらも雨は止んだ。

約一時間歩き登山口に到着する。

ここから急登の修行系の登りがひたすら続く。
リーダーから例年なら一面雪で真っ白だの、白山が綺麗に見えるなど説明してくれるが、
今回は雪が全くない上にガスで真っ白である。ただイメージするしかない。

標高1200M地点から窪みや沢筋にようやくわずかに雪が現れだす。しかし登山道には雪無し。
ピッケル・アイゼン・ワカン・ビーコンと言った雪山装備は、ただのアクセサリーに過ぎない。

ちょうどこの辺りから再び雨が降りだしてきた、リーダーから進退の判断をあおがれる。

「ここまでとしようか~」の僕の一声で下山開始となった。


最初からメンバー3人とも薄々「登頂は無理だろう。」と考えていた筈だが、見逃しの三振を嫌い、
「フルスイングの三振で終わろう!」との意気込みが感じられた。

次の登山に繋がる内容であった。
登山終了後は、地元メンバーの案内で、ちょうど見ごろのお花見などをして来ました。

独りでこっそり練習がてら行こうと企んでた乗鞍岳の山スキー。
が、水曜日の歓送会でついうっかり口を滑らせ計画を同僚にバラす。
で、食いついてきたのが若干一名。でも、酔いに任せた約束は厳禁。
適当にはぐらかしてその場を逃れ、即帰宅。危ない危ない。

が、金曜日!わざわざやってきて、翌日の土曜日伊吹山に登るという。
うわー、可哀想!先週伊吹山末見たよ?雪無いよ?悲惨だよ?
でもそんな想いををグッと堪え、何とは無しに訊いてみる。誰と行く?
僕と目を合わせずに、何も言わず人差し指を一本だけ立てて見せる。
マヂかー。。・・・分かった。一緒に行こうか。・・・乗鞍に。。

というわけで、今週末のスキーは無し。大人しく歩くことにした。。


0900 休暇村乗鞍高原
とりあえずドン突きまで車で粘る。除雪限界は国民休暇村。
車を停めて歩き出す。まだアイゼンは要らないっしょ!歩こうよ。
が、コブコブのモーグル・コースはカチンコチンのアイス・バーン。
30分も経たないうちにアイゼンを出す。。

1200 肩の小屋下の公衆便所
相方、強し。。緩斜面でも急斜面でも全くペースが変わらない。
止まると次動きたくなくなる、という理由で全然止まろうとしない。
計画書には遠慮がちに位ヶ原を目的地としたが、
こりゃ間違いなく剣ヶ峰まで何の問題もなくいけそうだ。
となれば、取り敢えず止まって何か食べなくちゃ。。
社内での立ち位置を悪用して相方を強引に止める。メシ、食うぞ!

1330 剣ヶ峰
肩の小屋から見上げたときにはスッポリ雲に覆われていた山頂も、
着いてみれば雲は風に飛ばされて抜群の眺望。でも長居せずすぐ帰る。
何故なら、目出し帽忘れて顔が痛いから。。

1415 肩の小屋下の公衆便所
再び強権を発動して小休止。ここまで下りると風も止み、暖かい。
ゲレンデから肩の小屋までは基本ザラメ。ところどころカチンコチン。
肩の小屋から上は硬めのモナカ。時々砂のような硬いパウダー。
あの広い斜面を滑って楽しむ週末も、まだまだアリだと思います。

1600 休暇村乗鞍高原
肩の小屋下の公衆便所時点での下山予想、相方は17時。僕は17時半。
しゃべりながら下っても予想を一時間上回った。
相方は平日2回は13キロを走り、週末は20キロ走るランナーです。
走るとどうも強くなるようです。。

↑このページのトップヘ