カテゴリ: 山スキー

翌日は晴れた。晴れたらやっぱりちょっと長めのルートが良い。前日登れなかった放山は忘れて、計画通り高松山にしよう。ただ計画では高松山から北西へ一ノ倉川へと滑るルートを考えていたが、雪の様子を見て山頂までのピストンとした。



林道の取り付きまでは雪が無く、板を担いで歩く。橋を越えてから板を履き、九十九折はシール登高。そこからアマナ平までは一部雪が消えかかっていたものの、板を脱ぐ必要はなし。で、ようやく高松山の東尾根に取り付いた。


取り付き直後が急登なので、休憩がてらルートを考える。途中何度か立ち止まりながらなんとか1,400mの肩に着いたが、残念!楽しみにしていた広い雄大な尾根の入り口に、バックリ開いた大きな亀裂。この日はここまでとしました。


この日高松山を目指したのは自分1人。あとは焼山台地を目指していた5人組のパーティーが1組いたのみ。でも下山してみるとスキーヤーがいっぱい。皆さんどこに行ってたんだろ??

メンバー:

ブナ


コース・タイム:

0645:笹倉温泉

0945:高松山東尾根取り付き

1100:高松山1,400m

1130:高松山東尾根取り付き

1300:笹倉温泉

正月に「山スキー百山」を買った。呑みながら眺めるのが楽しい本だ。で、ここから選んだのが今回の神奈(かんな)山。取り付きからは気持ちの良い樹林帯。1,450mくらいから樹林帯を抜けるとグッと開けるが、この日は視界が悪く時折妙高の町が見え隠れするだけ。それでも更に登ってみたけど、1,600m付近でいよいよ何も見えなくなったのでこの日はここで打ち止め。視界は終始あまり効かなかったが、ツリー・ランは気持ち良かった。今度ピーカンに晴れた日に、ビール持って是非来たい。


1,500m付近、霧に包まれる前

メンバー:

ハヤブサ、ブナ


コース・タイム:

0930:国民休暇村

1300:1,600m付近

1500:国民休暇村

もともとは飯綱山に登る計画でたどり着いた戸隠スキー場のゲレンデ・トップ。そこから飯綱山を仰いでも、・・・何故か全然ワクワクしない。植生は密だし雪は凍ってそうだし、それが尾根の向こうも同じ感じだろうし開けているとは思えないし。。ハヤブーの顔を顧みても、頭の上に大きな黄色いはてなマークがそよ風になびくのみ。止めよっか?うん、止めよう。と言うわけで、飯綱山は即決で敗退。代わりに瑪瑙(めのう)山の裏側から高デッキ山周辺を、地図見ながら散歩してみることにした。


で結果、結構良かったです。瑪瑙山の東斜面にはあまり人が入っていないようで、トレースがあまり無い。そこから高デッキ山までは緩斜面あり急登ありの短いコースで、初心者と来たら結構何でもできる教育的ルート。おまけに高デッキ山山頂からは西に戸隠山や高妻山、遠く北アルプスの八方尾根までの急峻な山々が、北には黒姫山や妙高、遠く焼山まで雪を頂く雄大な山々が一望できる。更に戸隠スキー場はスキー大回転のメッカのようで、ウェット・スーツみたいな服を着たスピード狂がビュンビュン滑る見ていて楽しいスキー場でした。。




メンバー:

ハヤブサ、ブナ


コース・タイム:

1130:瑪瑙山山頂

1330:高デッキ山

1345:ゲレンデ復帰

1415:下山

クライマー軍曹達とのゆる山スキー第二弾!ヒストリック山田旅館が誇る掛け流しすっ飛ばしてタレ流し源泉にどっぷり浸かった2日目は、大渚山の麓にある鎌池を目指す。ちょっと重目の新雪だけど、正真正銘のワイルド・スノー。。軍曹達が雪まみれになりながら転がる様を、腹抱えて笑い転げた清々しい午後でした!ざまーみろ!


入山直後の小谷温泉遠景

歩き始め

まだ林道

鎌池到着

下山直後の小谷温泉遠景


メンバー:

ウルフ、メグ(会外)、ブナ


コース・タイム:

0845:山田旅館ベース・キャンプ

1140:鎌池到着

1240:鎌池出発

1350:山田旅館ベース・キャンプ


いつも岩でお世話になっている鬼軍曹達と一緒に、山スキーの「や」の字の入り口へ。となればまずはともあれ、山スキーを気に入ってもらわないと。と言うわけで今回は小谷温泉山田旅館がベースの、いわゆる接待系山スキー。。そこから雨飾山の夏道取付きまで足馴らしにノンビリ歩き、ビールで乾杯しながら温かいうどんでお昼ご飯。・・・というゆる〜い計画でしたが、それでも取り付きに着く前に飛び出したのはまさかの「ま〜だ〜?」の大合唱。。や、訊きたいのはこちらですが…?って言ってやりたい気持ちはグッとこらえて多数決的に敗退を選択。そこから緩やかな林道を滑ってもと来た小谷温泉に到着。ピーカン無風の気持ち良い日に、あり得ないほどマッタリしたノンビリ山スキーでした!


到着直後の小谷温泉遠景

歩き始め

ちょっとシャイな雨飾山

下山後の小谷温泉遠景


山田旅館


メンバー:

ウルフ、メグ(会外)、ブナ


コース・タイム:

1030:山田旅館駐車場

1230:雨飾山へのアプローチ道半ば

1330:高低差ゼロのドロップ・イン(引き返す)

1500:山田旅館駐車場



↑このページのトップヘ