山岳同人グリズリー

愛知の山岳同人「グリズリー」の山行記録

カテゴリ: 山スキー

ウィキペディアより。
 
野伏ヶ岳(のぶせがたけ)は、岐阜県郡上市白鳥町と福井県大野市の境にある、

標高1,674 mの山。両白山地の山で、日本三百名山及びぎふ百山に選定されている。

一般的な登山道がなく、豪雪地帯であり、春先の残雪期に登られる山である。

平成31年2月23日

会員外 1名 OG1名 ウルフ(記)

8時  白山中居神社到着

(奥まで行けそうだったので、橋(雪ない)を渡って除雪ギリギリまで行く)

8時半 出発

11時  牧場辺り

11時半 ダイレクト尾根 途中到着

12時半 ドロップイン

13時半  駐車場到着

週末まで少し天気が心配でしたが、結果ピーカン照りに。

そのまま林道沿いをを上がって行くが早速日当たりが良い所は土が見え川が流れている。。


2月初旬なのに。。何とかシールを濡らさない様に頑張っていたがいくつも現れたので途中で諦めた。

ある程度標高を上がると雪はそれなりにあるが、ガリガリバーンで下山が心配になってくる。

クトウを付けようか迷ったが、エッジで何とか上がれそうなので徐々に標高を稼ぐ。

牧場辺りで休憩しようと頑張って歩くが牧場がなかなか現れない、つづら折の林道を上がって行くが飽きてきた。

やっとの思いで牧場に着くと吹きさらしで休憩どころではない。

目の前にはドーンと野伏ヶ岳が見えて圧巻。

無理、絶対あんなところまで無理といいつつ先へ進む。

ダイレクト尾根を確認しその尾根上で終了しようと言う事にし、尾根を目指して歩く。

ある程度平らな広いところで昼食を取り、下山開始。

登ってきた道を帰ると登り返しがあるので、

尾根を下りて林道で下りることにするが、これが仇となり結局、板を担いで上がることになる。

雪質はガリガリバーンと少々のザラメ。

コース取りも難しくGPSで何度も確認。

ブナ林は一瞬で終わり、ガリガリの下がキタイナイ針葉樹林帯をツリーランではなくボーゲンラン。。

太ももがパンパンになりながら、必死に下山。

温泉で疲れを取って、解散。

ありがとうございました。
20190223_103049
20190223_125512

1550907165021

1550907212298

1550907158696

山行日:2019.2.16
山域:毘沙門岳(奥美濃)
コース:旧イトシロシャーロットスキー場~旧リフト山頂駅~910m超えた辺り(往復)
メンバー:Y(記)

誰もいない閉鎖されたスキー場から登るも、雨混じりの雪が降りだす。車内で休憩するとミゾレもやみシールを着け登るも、誰もいないスキー場は何とも言えない不気味さがありました。整備されていないので、自然が元に戻りつつあり、藪が出てきている。

20190216毘沙門岳03

スキー場を登りきると、雪が強くなり引き返し終了となりました。かなり物足りないが、スキー場を滑走、重たい雪質で足を取られながらのスキーでした。

20190216毘沙門岳08

山行日:2019.2.9

山域:大日ヶ岳(奥美濃)

メンバー:TJ、Y(記)

コース:高鷲スノーパークトップ~前大日~大日ヶ岳山頂~ゲレンデトップ~スキー場コース

久しぶりの山スキーは今シーズンの初スキーでした。
天気はどんよりとした不気味な空でしたが、ゴンドラ山頂駅よりバックカントリーの先行者が見え後を追う。シールで登りますが、途中アイスバーンの斜面があり登りも手こずりながら登りました。

20190209大日1



大日山頂についたら風と雪が強くなりすぐに滑走下山、と言ってもアイスバーンのカリカリの斜面は厳しく、横向きでエッジを立てながら降りました。前大日の樹林帯手前でシールを外しようやくスキー滑走でした。


まだまだ修行が必要です。

20190209大日7_400



木々の間に無理矢理張った傾いたテントの中で目が覚めた。
既に何度も目が覚めていたが、今気がつくと辺りは明るい。
濡れた寝袋を体から剥がして起きる努力をする。

テントの外に出ると、相変わらず雨が降り続いているようだが
穂高の天蓋に守られて大粒の雫がバラバラと落ちてくる程度。
無言のまま中まで濡れたザックにスキーをくくりつけて背負う。
昨日に増してずっしりと重い。そしてまた無言のまま歩き出す。
薮は相変わらず複雑で、しつこく体やザックや板に絡みつく。

程なくして目の前に白出沢が現れた。
薮から沢筋へ安全に下りられる場所を探して本流近くまで下り、
今度は渡渉点を探して沢筋を遡る。
橋は無い。流れは昨日からの雨で怒涛のように駆け抜ける。
川幅が広いところで水流が小さくなっているはずだ。
でも川幅が広いと視界が利かない。苦労して中洲まで渡っても
その先に渡渉点がなく引き返す場面もしばしば。
最後、夏道の渡渉点であるだろう場所に望みを託す。
沢の中央に流れの激しい場所があるが、ワン・ポイントだけだ。
ガッシリとスクラムを組んで早瀬を渡る。腰まで水に浸かった。

ここまでくるとまずは一安心。あとは林道歩きだけだ。
ずぶ濡れのスキー・ブーツを脱いでスニーカーに履き替える。
とは言え、濡れた装備と濡れたブーツを積んだザックは重い。
背負うと前頭葉から血流がさーっと引いたような気がした。

そして平湯でずっと着込んだ臭い服を脱ぎ捨て、汗を流す。
気がつけば双六小屋で取った朝食以来、何も食べていない。
立山に車を回収しに行く途中、富山の町で寿司屋に入った。
こうして五日と予備日を使った六日間の山行は終わった。

最後に、パートナーのグリズリーには非常に感謝しています。
このルートを安全に完踏するには経験に裏打ちされた
冷静な判断力が必要で、成功はグリズリーによるところです。
また自分にもっと技術と体力があれば、更に短い時間で
全行程を踏破することができたと思います。
そこを承知で今回のオートルートを企画して頂けたので、
自分では見ることのない世界を経験することができました。
ありがとうございました。


コースタイム(記録なし)
 朝:飛騨沢ブドウ谷付近
 昼:新穂高温泉

メンバー
 グリズリー、ブナ(記) 
 

今年のゴールデン・ウィークは中盤で天気が崩れるらしい。
当初から五日目の天気が気がかりだった。

出発前に確認した時とスゴ乗越で最後に確認した時とでは
天気の崩れ始めが若干早くなって、夜も冷え込むらしい。
ただしそれ以降は携帯も圏外で予報を確認できていない。
最後の予報を頼りにすると、飛騨沢の滑降は雨の中だ。
天気の崩れが早まる傾向にあることを考えると、登りで雨
更に気温が下がると滑降前の飛騨沢への積雪も考えられる。
新雪の飛騨沢を滑っては下りられないので、槍を諦め
双六小屋から小池新道経由で新穂に抜ける方が安全だろう。

そう考えて、五日目は槍を諦めて下山すべきではないかと
四日目の夜、残り少なくなったウィスキーを舐めながら
グリズリーに相談してみた。グリズリーは黙って聴きながら
大丈夫だと思うけどなぁ、と繰り返しながらも最後には
ブナに任せた、となって二人とも寝袋に潜った。

明けて翌日、いよいよ出発。双六小屋周辺には雪がない。
どうせすぐ履くんだからと、ザックを背負って板を手に持ち
さあ行きましょうかとグリズリーを振り返ると、何か変だ。
板をザックに固定して、アイゼンを履いてる人がいる。。
うん、と言いながら槍ヶ岳の方向を向いているし。。
え?ここから滑って下りるんじゃなかったでしたっけ?
うん、どっちでも良いよ。板を背負ってアイゼン履いて、
間違いなくどっちでも良い人の格好ではない。
やれやれ。確かにここで下りるのは残念な気もする。
天気が崩れればいろいろ辛いだろうが、
辛いだけなら耐えれば済む話だ。
観念して板をザックにくくりつけ、槍ヶ岳を目指す。

hr5-1
西鎌尾根からの槍ヶ岳

グリズリーの見立て通り、樅沢岳へのアプローチと
自分にとっての最後の難関である西鎌尾根に雪は少なく
ほとんど夏道を使って突破できた。
で、千丈沢乗越。ここからは飛騨沢が一望できる。
ただし時間は予定より少し遅い。ここから滑ろうか?
時間を気にしたグリズリーがそう訊くも、
せっかく西鎌尾根を越えてここまで来たところだ。
正面の絶壁が恐ろしげだが、一度行くと決めたんだ。
最後まで行きませんか?で、これが後悔の元。。

時間が差し迫る中、行くと決めた後のグリズリーは速い。
一方自分はピッケルとアイゼンでの登攀でいつも遅れる。
グリズリーよりも軽いはずの自分が何故か雪に沈むからだ。
そして足が雪に沈むとバランスを崩してトレースを壊す。
このトレースを通る後の人とかかっている時間を考えると
苦手な岩を行った方が得策かもしれない。
そう思って岩場を登り、相当遅れをとって肩の小屋に到着。

hr5-2
槍ヶ岳からの西鎌尾根

hr5-3
槍ヶ岳山荘

そこから間髪入れずに飛騨沢を滑る。飛騨沢は広く、長い。
滑り降りると五日分の苦労があれこれと脳裏をよぎる。
肩の小屋で立ち込めていたガスも、下りると雨になった。

hr5-4
飛騨沢へのドロップ・イン

槍平小屋で小休止。ちょっと手前で熊に出会った。
沢の反対側で一心不乱に何か食べるものを探していた。

槍平小屋までくれば後は簡単、なはずだった。
夏道を探して歩き始めても、それが全然見当たらない。
どうも雪の重みで薮が潰され、夏道が薮に消されたようだ。
進むにつれて植生が濃くなると地面の積雪も少なくなる。
薄雪を踏み抜くと薮に足を取られ、簡単には抜け出せない。
かといって薮の上のスキー・ブーツはとにかくよく滑る。
沢伝いに歩いても、雨で水かさが増した瀬は
巻かないと越えられない。巻けば結局また薮に戻される。
そこへきて板はザックだ。
薮を漕げば足どころか、板のヘッドもテールも引っかかる。
ヘッデンを出して歩く覚悟を決めたものの、
そうまでしたところで今日中の下山は無理だろう。
日がくれた時点で薮の上に無理矢理テント張って
一夜をやり過ごすことにした。


コースタイム
 0640:双六小屋
 0730:樅沢岳
 1200:千丈沢乗越
 1430:槍ヶ岳山荘
 1640:槍平小屋
 1830:飛騨沢ブドウ谷付近

メンバー
 グリズリー、ブナ(記) 
 

↑このページのトップヘ