山岳同人グリズリー

愛知の山岳同人「グリズリー」の山行記録

カテゴリ: 登山

山行日:2019.8.4~8.5

山域:羅臼岳・硫黄山(北海道 知床)

メンバー:Y

コース:8/4(日) 6:45木下小屋~10:39羅臼平~11:30羅臼岳11:45~13:10三ッ峰~16:00二ッ池テント場
     8/5(月) 二ッ池6:35~10:30硫黄山~14:06カムイワッカ湯の滝



憧れの知床縦走についに行ってきた。
北海道の山は今回で3回目、北海道の山は慣れたつもりだったが移動するにつれ今までにない不安があった。一番の心配は熊である。

テント泊なので、まずはニッポンレンタカーでガス缶の購入。
移動しながら途中のコンビニで行動食・飲み物を購入し、ウトロの民宿へ。この民宿には、他にも2名の羅臼岳登山者がいた。

知床自然センターへ車をデポし、タクシーで木下小屋まで移動。
木下小屋登山口には登山ポストと熊目撃情報があり、クマを見かけた場所にマークがあるが驚くほど多い。一人のテント場はかなり不安だと思いながらスタート。

銀名水で水を汲もうと計画していたが枯れており、いきなり水不足となった。次の水場は羅臼岳直下、「岩清水」こちらの水場はポタポタ程度の水がある。水不足の僕にとっては舐めれる程度でもありがたい。ポタポタでもボトルを置いて給水し山頂まで行き、戻ってくると400ml程たまっていた、これでさらに先に進めることになり生き返った。

20190804羅臼20
羅臼岳ピーク

羅臼岳から先はハイマツの藪も濃くなり手こずる。登山者も少なくなり、雰囲気も違う。途中、三ッ峰と雪渓の水で補給しながら二ッ池テント場に到着した。自分の含めて5張のテント、これだけいれば熊もこないだろう。不安はなくなった。

20190804羅臼27
フラワーロード

20190804羅臼28
二ツ池

2日目

テントの外はどんよりとした雲空、朝食をしながら水作りを行い出発。出発後は雨が降り出すも15分位で止んでくれた。
今までの緑と花の世界から打って変わって、まるで火星探索のようなザレ場歩きだった。硫黄山の後は、枯れ沢の下り、ここもまた違う雰囲気で景観がころころかわり目も飽きさせない山域だ。

知床縦走は常にオホーツク海を眺めながら歩く空中の登山道だった。

20190805硫黄08
オホーツク海 山でも観光船の音が聞こえた

3月10ー11日 4名 ウルフ(記)


天気は曇り、雪、雨、風 
予報での出発。

桜平より6㌔ほど下の駐車場に駐車し、夏沢温泉の方に桜平まで送迎していただく。そこからは徒歩で小屋まで行くのですがサービスでザックは小屋まで送迎。
なので手ぶらで小屋まで。

部屋着、ビールなんでも持っていけますね。。
お姫様山行。

で、小屋で余分なものは置いていざ、山頂へ。(根石岳)

順調に歩き1日目は根石岳無事登頂。

二日目は雨雪予報、下山か決行か迷っていた。目が覚めると、雪、硫黄岳に行こうか迷うが外はトレースが全く消える大雪。
宿の方も今シーズン初の大雪との事で除雪に4~5時かかるので送迎も出来ない。とのことなので二度寝することに。
こんな幸せな事ってありますか?

んでもって、温泉もどうぞって。
従業員は総出で除雪作業の中、二度寝からの雪遊びからの温泉。

腰までラッセル楽しんだり、雪洞掘ってみたり。

硫黄岳には行けなかったけど楽しい山行でした。
こーゆーのも良いですね。

20190310_135147
20190310_135152
20190310_133455
20190310_132324
20190310_105544
20190310_101815
20190310_102021
20190311_111113
20190311_111336

↑このページのトップヘ